リバーサイドミュージックフェス
n91.png
n93.png
n92.png
n118.jpg

2022 river side music fes

​時代は巡る  

~昭和から平成そして令和~
昭和 vs 平成

【コンセプト】
コロナ禍の昨今、医療関係・飲食関係等様々な分野の経済活動に多大な影響が出ています。

中でもイベント関係においては、そのすべてが中止になったり業界全体に深刻な影響を及ぼしていますが、このコロナ禍も最近になってようやく減少傾向にあり、音楽イベント等も徐々に開催されつつあります。

このタイミングでこの薩摩川内市でも、音楽イベントを開催しようと企画致しました。


コンセプトは、時代は巡る ~昭和から平成へ~ と題しまして、昭和生まれが「まだまだ若いもんには負けんぞ」とばかりに奏でる昭和の音楽、平成生まれが「それはもう古い」と新しいフレーズを奏でる平成の音楽、しかし聴けばお互いに新鮮さを感じ理解が深まり、やがて一緒に音楽を奏でる、そういう世代・ジャンルを問わない音楽ライブイベントになる事を目標に定期的に開催する予定です。


開催場所は薩摩川内市一番のシンボルである川内川河川敷(太平橋と開戸橋の間)で開催致します。昔から薩摩川内市の中心で、最近では全国でも非常に珍しい現象「川内川あらし」が話題になっており、県内外の皆様には高く認知されている河川です。

「あした川内川に集まれ~!」と一言いえばみんなわかる場所であり、みんなが集える場所でもあります。

少なくとも川内市民がこの川内川の一つの流れの様に一丸となって、この場所を最大限に活用し薩摩川内市がより活性化してゆけばという思いから、この場所での開催を決断致しました。


なかなか出口が見えなかった巣ごもり生活で、ギターなど楽器を始めた人など音楽人口も増えているようですが、なかなか練習の成果を披露する場所がありません。「リバーサイド ミュージック フェスティバル」はそれを披露する場に、また、演者も来場者もすべてのみんなが楽しめる場所、そして周辺では飲食店やマルシェなどとタイアップし、この川内川河川敷を老若男女誰もが楽しめる場所として私たちなりに創造して行きたいと考えております。

 

リバーサイドプロジェクト

i40.jpg

以下の方はご来場いただくことができません

  • 来場者のマスクの無着用

  • 発熱や咳、強いだるさ、息苦しさ、味覚・嗅覚障害等の新型コロナウイルスの感染が疑われる症状がある方

  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた方、ならびにその方と濃厚接触がある方

  • 過去2週間に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域等への渡航された方ならびにその方と濃厚接触がある方

  • 体温が37.5℃以上の方

今後、イベント開催ガイドラインの追加や変更等がある場合は上記についても変更が生じる場合もございます。イベントを楽しみにお待ちいただいているご来場者様・ご出店者様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承の程、よろしくお願いいたします。

k66.jpg

新型コロナ感染症拡大防止

○ 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA※)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。

  ※COVID-19 Contact Confirming Application

○ 本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

○ 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

n120.jpg
n119.jpg
n121.jpg